【ミニマリスト】洗濯乾燥機を持たない理由【やり方次第で不要です】

ミニマリスト

洗濯乾燥機はミニマリストの御用達アイテムですよね。ミニマリストしぶさんなどが代表的です。

それでも僕は洗濯乾燥機はいらないと考えてます。

メリットよりもデメリットのほうが大きいと考えるためです。

そこで本記事では、洗濯乾燥機のメリットを挙げた上で、デメリットや持たない理由、洗濯乾燥機がなくても快適に過ごす方法を解説します。

本記事を読めば、洗濯乾燥機がなくても快適に過ごせるでしょう。

 

洗濯乾燥機のメリット

洗濯を干す手間がない

洗濯乾燥機を導入すれば、洗濯物を干す必要はありません。

僕の場合は3日~4日まとめて洗濯をするのですが、合わせるとそれなりの量になります。

干す手間がなくなるのはメリットといえるでしょう。

洗濯から乾燥まで一貫している

一度洗濯乾燥機に入れれば、乾燥まですべてやってくれることもメリットでしょう。

洗濯機に洗濯物を入れてスイッチを押し、終わったら取り出して洗濯物を干す。さらに雨が降れば濡れた洗濯物取り入れる。

これらは時間がかかりますし、家を空ける時間が長い方は対応できない場合もあるでしょう。

スイッチを押すだけですべてが完了する洗濯乾燥機は、その面でメリットがありますね。

生乾き臭から解放される

冬の寒い時期や梅雨の時期は生乾き臭が発生しやすくなります。

特にパーカーやトレーナーなど、綿100%の服は乾きにくくて大変です。

洗濯乾燥機は全て乾燥してから取り出せるので、生乾き臭から開放されます。

 

洗濯乾燥機のデメリット、持たない理由

僕は洗濯乾燥機のメリットは前述の三つだと考えています。

反対にデメリットはどのような点でしょうか。僕はデメリットのほうが大きいと考えます。

導入費用が高い

まず導入費用が普通の洗濯機よりも高いです。

僕が今使っている洗濯機は3万円程で購入しましたが、洗濯乾燥機は安くても10万円ほどします。

3万円の洗濯機で7年以上使えているため、耐久性の面でも良いでしょう。

ネット記事では、洗濯乾燥機は寿命が5年ほどという内容を見たので費用は高いと言えるでしょう。

電気代も高い

導入費用のみならずランニングコストも高いです。

普通の洗濯機に比べ、どうしても電気代が高くなります。

僕は電気代について特別な節約をしているわけではありませんが、とはいえ過剰にかかるの嫌です。

一時期、洗濯乾燥機を購入して使ったことがありますが、洗濯のたびに電気代が気になるような心地悪さがありました。これは僕がケチなだけですが・・・笑

乾燥機を使ってはダメな素材がある

あと乾燥機を使ったらダメな素材ってありますよね。

例えばニットなどは乾燥機をかけると小さくなってしまいます。

他にも小さくなってしまう系の素材は多いと思います。

そういうのを考えるのもめんどくさいです。

引越しが大変

洗濯乾燥機はサイズそのものも大きいです。

そのため引越しが大変になります。

僕は荷物が少ないので、二人暮らしですが単身引越しパックで引っ越しをします。

洗濯乾燥機だと普通の洗濯機に比べて一回りサイズが違うので、単身引越しパックで引っ越しできない可能性があります。

単身引越しパックで引っ越しできないのは僕にとって大きなデメリットです。

賃貸を借りるときに選べる物件が限られる

サイズが大きいことは物件選定にも響きます。

基本的に1Kやワンルームの場合は、洗濯機置き場がそこまで大きくありません。

洗濯乾燥機は大きいので入らない可能性があります。

実際に今の家は、洗濯乾燥機が入らないと言われました。。

洗濯機と乾燥機を兼ねていることで機能性が下がる

ちきりんさんのボイシーで聞いたのですが、洗濯乾燥機は、洗濯機と乾燥機をそれぞれ購入するよりも性能が劣るようです。

確かに一体型のものは、単体の機能を有するものよりも性能が低くなることは一般的です。

例えば昔、テレビが見れるパソコンがありましたが、普通にテレビで見るより画質は悪いですし、パソコンそのものも割高な印象です。

そうした意味でも、コスパ悪いのかなと考えてしまいますね。

金がもったいない

そもそもですが、お金がもったいなく感じてしまいます。

賃貸を借りる時も大変で費用も高い。さらに性能もそれほどとなれば、そこまでの金額を出したくないと感じます。

浮いた時間を活かせる自信がない

洗濯乾燥機を導入する人の意見で多く言われるのが、「浮いた時間で自己投資したり、自由時間に使ったりする」というものです。

ただ僕個人としては、浮いた時間を有効活用できる自信がないんですよね。

それなら少し不便でも確実に導入費用とランニングコストを浮かせたいと考えます。

まあそもそも、洗濯そのものがそこまで嫌いでないのも大きいとは思いますが。。。 

洗濯乾燥機なしで快適に過ごす方法

ここでは僕が実際に行っている、洗濯乾燥機がなくても快適に過ごす方法を紹介します。

洗濯テントを導入する

個人的には「洗濯テント」は安心材料として必須です。

晴れた日は外干しで問題ありませんが、雨の日は室内で干すことも多いと思います。

ただ僕は湿度が上がるのが嫌なので、あまり部屋干しをしたくないんですよね。

そこでおすすめなのが「洗濯テント」です。

多少の雨なら洗濯物を守ってくれるので安心して外で干すことができます。

あまりにも大ぶりの雨のときは洗濯をしないことですね。

タオルはハンドタオルにし、かつ薄いものを選ぶ

タオルをハンドタオルにするという考え方はミニマリストの中でも一般的ですが、僕はさらに薄いものを選ぶようにしています。

分厚いタオルは、乾燥時間もそれなりにかかるので負担になります。

粗品タオルのような薄いタオルなら、真冬でも短時間で乾くのでおすすめですよ。

乾きやすい服だけを買う

僕はそもそも乾きにくい素材の服は買いません。

ここでいう乾きにくい素材とは、綿100%の服などですね。

なので僕はパーカーやトレーナーも持っていません。

代わりにジャージ素材のスウェットや薄いシャツ、フリースなどを愛用しています。

これらは真冬でもすぐに乾くのでおすすめですよ。

どうしても乾かない時だけ乾燥機を使う

上記で様々な対策を述べましたが、1年に数回はどうしても乾かないときがあります。

そういう時は近所のコインランドリーを使います。

コインランドリーは高くても500円ほどでできるので、いざという時にはいいでしょう。

とはいえ、僕は真冬に布団を洗濯した時などしか使ったことがありません。

おわりに

「ミニマリストは洗濯乾燥機を持つ」という図式がある気がしますが、僕はミニマリストこそ洗濯乾燥機は不要だと思います。

大きいので移動などが大変ですし、素材にこだわれば乾燥機は不要です。

ミニマリストこそ試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました