高い服が着れない病にかかっている

その他

洋服を選ぶときに意識するポイントとして、高価で質のいい服を何年も着回すか。あるいは安いファストファッションを毎年のように買い替えていくか。というのがある。

僕はこれまで色々試してきたけど、後者が性に合っているように感じる。

「よし!良い服を買って何年も愛用するぞ」と決意し、実際に高い服を買ったことは何度もある。でも少し時間が経つと、高いものを持っている自分がしんどくなるのだ。

高いものは汚れないように気にしすぎるし、メルカリで売ればいくらになるとか考えてしまう。要は高いものを持っている自分に耐えれないのだ。

皮肉を抜きにして、収入が低いのに高いものを買える人が羨ましいと思う。僕は年収が130万円ほどだけど、2000円の服ですら、ジャンルによっては高いと感じることがよくある。

もちろん高い服を何年も着たほうが逆に経済的だし、合理的だということは重々承知。

例えばノースフェイスの5万円のダウンを購入するとする。ちゃんと丁寧に着れば、5年から10年くらいは着れるだろう。(トレンドとかは抜きとして)

5万円のダウンと言えば高く感じるけど、5年着れば1年1万円で着れたことになる。それにノースフェイスとかのブランド品は5年着たあとでも売れる可能性もある。メルカリで1万円くらいで売れる可能性は普通にあると思う。しかも5年間は高い品質のメリットを最大限に享受できるので、1年単位で買い換えるより絶対得だ。

でもなー、僕はそれができない。

飽きやすい性分なのもあるし、モノを少なくする中毒になっていて常々理想的なファッションを考え続けている部分もある。

長い間、節約生活をしてきて、少ない金で生活していく知恵や自信はできた。でもその弊害として、極度なまでの貧乏性が根付いてしまった気がする。

当然貧乏性は悪いことだけじゃない。でも、価値があるものにはお金を払うという感覚をもう少し取り戻したいと思う。難しいけど。

タイトルとURLをコピーしました